スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

金沢に眠る戦争遺跡 第九師団司令部跡

戦後70年ということで金沢に眠る戦争遺跡を特集しています。

 

DSC_0979

第九師団司令部は明治31年に金沢城内に設置されました。

石川県の登録文化財となっています。

 

 

 

 

 

 

DSC09891

建物は昭和43年に現地(出羽町)に移築されました。

その際に両翼が切り詰められ、中央部分しか残っていませんが、明治建築としては保存状態も良い方なのかもしれません。

 

 

 

 

 

 

DSC09893

第九師団は、明治31年に創設され、日露戦争では大きく活躍したそうです。

第二次世界大戦では創立されてから最も歴史のある師団の一つで、沖縄防衛戦の中核となる予定でしたが、突如台湾へ抽出され、連合国軍と交戦することなく役目を終えました。

第九師団が金沢に不在だったため、空襲が避けられたという一説もあります。

 

 

 

 

 

 

DSC_0980

外観は数年前まで朽ち果てておりボロボロでしたが、塗り直されました。まさかピンクに塗り直されるとは思わなかったです。

 

 

 

 

 

 

DSC_0983

換気口には五芒星が…ありません。そして、換気口の真上にはかつて煉瓦が組まれていたことを思わせる扇形の模様が残っていますね。

当時の壁面は漆喰だったそうですが…現在はモルタルになってます。

是非、漆喰の壁面を復活させてほしいです。

 

 

 

 

 

 

DSC09894

隣接して、偕行社が移築されています。

こうした軍都の遺跡を見られるのは貴重です。

関連記事
  1. 2015/08/06(木) 16:02:48|
  2. 金沢市 (Photo)
  3. | コメント:0
<<金沢に眠る戦争遺跡 旧陸軍金沢偕行社 | ホーム | 金沢に眠る戦争遺跡 旧陸軍の作ったトンネル>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
金沢に眠る戦争遺跡 第九師団司令部跡 - スポンサー広告金沢市 (Photo)