スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

大幅リニューアルされた「石川県立歴史博物館」へ行ってきました!

DSC09084

石川県立歴史博物館は、1986年(昭和61年)に現地で移転開館して以来の大幅リニューアルのために、2013年3月から2015年4月までの2年間休館していました。

そして、先月OPEN!愛称が「いしかわ赤レンガミュージアム」となった、石川県立歴史博物館をご覧ください!

 

 

 

 

 

DSC09046

石川県立歴史博物館の外観です。

県外から来た方は「横浜の赤レンガ倉庫みたい」と言っていました。

こちらの赤レンガ建築は、明治42年から大正3年にかけて建てられた、旧陸軍第九師団の兵器庫でした。戦後は金沢美術工芸大学となり、1986年から石川県立歴史博物館となり現在に至ります。

※国の重要文化財に指定されています

 

 

 

 

DSC09048

旧陸軍の兵器庫として全体が現存するのは、全国でも3都市だけだと言われています。

 

 

 

 

 

DSC09050

新緑と重厚な赤レンガがとっても合いますね~

建物自体が、金沢が軍都であった歴史を伝えてくれます

 

 

 

 

 

DSC09054

さて、内部へと入ります~

ちなみに、向かって右側が加賀本多博物館となり、旧藩老本多蔵品館から移転したものとなります。赤レンガの兵器庫が建つ前、この地は藩老本多家の屋敷があった場所です。歴史博物館があるこの地は金沢の歴史を支えてきた由緒ある場所ですね。

 

 

 

 

 

DSC09055

内部は、係の方に撮影OKと言われた場所を撮りました。(無料ゾーンはOKとのことです)

上の写真は兼六園周辺文化の森のジオラマです。

ブラタモリに使えそうな、地形まで再現された精巧なジオラマとなっています。

 

 

 

 

 

DSC09058

壁面には昭和初期に書かれた石川県の地図がありました!

この地図だけで1時間はじっくりと見ていられそうでしたw

上は、現在の小松市です。まだ加賀三湖があり、梯川が湾曲していた時代・・・。

小松駅から私鉄が2本伸びています。尾小屋鉄道と北陸鉄道小松線ですね!

(話し出すとキリがない・・・くらい見とれてしまう地図です)

 

 

 

 

 

DSC09060

金沢もこんな感じで・・・言い出すとキリがないので割愛させていただきます(笑)

こんな感じで石川県の地図が能登から加賀まで壁一面にドーンとあります!

絶対見るべきです(笑)

 

 

 

 

 

DSC09063

内装もとっても素敵です(撮影可の場所です)

有料ゾーンは撮影禁止でしたが、興味深い展示が沢山ありました!

具体的には・・・

  • 兼六園のジオラマ
  • 初代金沢駅の模型
  • 円光寺団地の地図
  • 江戸時代の犀川大橋から片町周辺の絵図をもとに再現した、復元ジオラマ
  • 歴史博物館として使われている建物の歴史
  • 能登のお祭り体感コーナー

など、こちらも言い出すとキリがないです!

 

 

 

 

 

 

DSC09065

建物の外にもいろいろな仕掛けが・・・

リニューアル前からありましたが、辰巳用水の石管を利用したカスケードが。

運良ければ水が出ているところを見れるかも^^

 

 

 

 

 

DSC09067

辰巳用水の石管は、実際に辰巳用水で使われていたものとなります。

貴重なものだと思われます。

 

 

 

 

 

DSC09066

重厚な赤レンガも要チェックです~!

 

 

 

 

 

DSC09071

赤レンガ3棟を望む

 

 

 

 

 

DSC09074

下から見上げてもカッコイイです!重厚感が増します。

 

 

 

 

 

DSC09077

そして、大幅リニューアルされたのがこちら!総ガラス張りの休憩スペースが誕生しました!

重厚な赤レンガと見事にマッチし、近未来的に見えます。

 

 

 

 

 

DSC09078

休憩スペースからは木々と、赤レンガ建築が見渡せます。

 

 

 

 

 

DSC09082

他にも歴史博物館の周りには”遺産”が多く眠っているので要チェックですよ!

 

 

 

 

 

DSC09083

・・・と、石川県立歴史博物館を巡ってきました~

リニューアルされた歴博は館内に最新技術が取り入れられ、かつ、来場者を引き付ける仕掛けが沢山ありました。石川県の歴史を学ぶ拠点としては、文句なしの施設となっています!!是非訪れてみてください。

ただ、駐車スペースは少ないので、お気をつけて~

関連記事
  1. 2015/05/16(土) 21:00:59|
  2. 金沢市 (Photo)
  3. | コメント:2
<<富山第一銀行本店 2015.5 | ホーム | JR福井駅前に恐竜が出現!>>

コメント

お疲れ様です。

歴史博物館には、小学校の時、写生大会でよく行っていた覚えがあります。
本多の森公園を広坂方面から上がった所だったはずです。
今見ても、なんら変わらない保存状態ですね。
古き良き建物はどんどん保存すべきなんじゃないかな。

話は脱線しますが、金沢には「大人の社交場」としてかつて賑わっていた「石坂」と呼ばれる地域があります。
ちょうど、西茶屋街の近くなんですが、風営的に良くないためか、どんどん衰退し今では、ちょっとの夜の飲食店街と、その名残しか残ってません。
かつては、格子状の長屋みたいな建物もあったんですけどねえ。
あまり良い歴史ではないのですが、褒め言葉として、「古めかしくカビ臭く狭い路地」が健在なんです。
このまま消滅させていいのかなと思う次第です。

話が逸れてしまいました。すみません。
  1. 2015/05/16(土) 22:41:46 |
  2. URL |
  3. 元金沢市民(宮崎在住) #wLMIWoss
  4. [ 編集 ]

Re:

>元金沢市民 (宮崎在住)さん
お疲れ様です!
歴史博物館周辺で写生大会、とっても絵になる風景なので羨ましいです(^o^)/
その通り、広坂を上がった場所にあります〜改修されても原型となんら変わりなく、今後も貴重な遺産として保存して欲しいです。
石坂は金沢の”茶屋街”とは雰囲気がまた違う、遊郭のある街ですね。私自身は”建築を見る目的”で石坂を探訪しようと思いましたが、場所が詳しく分からなくて断念して以来行ってないです(^_^;)
実際に、野町広小路と西インターを結ぶ都市計画道路で遊郭建築の大半を失ったとか…しかし、まだ一部は残ってるそうですね。(先日の北國新聞で石坂の特集がありましたが、)現在は遊郭建築を活かしたギャラリーなどに活用されている建物もあるそうですよ。
何でもかんでも壊すのではなく、保存活用して欲しいです。

興味深いお話ありがとうございます!(^^)
  1. 2015/05/20(水) 12:42:05 |
  2. URL |
  3. kanamachigation #-
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
大幅リニューアルされた「石川県立歴史博物館」へ行ってきました! - スポンサー広告金沢市 (Photo)