スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

称名滝と紅葉 1 2014.10.26

DSC00875

先日、友人と富山県にある称名滝までロードバイクで行きました。

自転車日和だったので、まずは立山駅までポタリング。

上の写真が称名滝へのスタート地点です。山並みは紅葉真っ盛りでした。

 

 

 

DSC00883

私が、富山県に来て感心することは水が本当にきれいなことです。

見てください!水が何とも言えない美しい色に輝いています!

 

 

 

DSC00889

称名滝の駐車場まで自転車で登るわけですが、8kmすべて上り坂、進めば進むほど勾配がきつくなる富山県有数の過酷な道路です。最後の13%の勾配は”激坂”の部類に入る、地獄の坂です。

なるべく足をつかないように・・・と登ったわけですが、残り500mで足がついてしまいました。1時間かかってなんとか称名滝駐車場へ。

上の写真は称名滝駐車場付近の紅葉。カエデ類の紅葉は本当に鮮やかで美しいです。

 

 

 

DSC00896

食堂で食べたホットケーキが美味しかった。過酷な坂を1時間上ったご褒美のようなものですが(笑)糖分補給です。

 

 

 

DSC00908

さて、既に足がガクガクなんですが、称名滝駐車場から称名滝まで1kmの道のり(これも軽い坂)を歩きます。疲れていることを忘れるような紅葉の美しさです。

 

 

 

DSC00911

歩いていると、だんだんと奥まったところへ・・・

360度見渡す限り紅葉していました。

 

 

 

DSC00918

秋が深まってきました。立山連峰では雪も一部積もっています。

 

 

 

DSC00945

そして、称名滝に到着!

称名滝は落差350mの日本一の落差を誇る滝です。

350mといえば東京タワー(333m)よりも高い位置から水が流れ落ちているんです!そう考えると滝の規模がいかに大きいかわかりますね?

撮影地点は標高1050mほどですが、滝の最上部は標高1400mほどあるので、気温差の関係で落葉していました。まさに秋と冬の境目を見ることができました。

 

 

 

DSC00950

水の勢いもすごく、撮影している場所にも水しぶきが飛んできて、汗かいて登ってにもかかわらず、滝の周りはかなり寒かったです。

 

 

 

DSC00957

称名滝は主に4段に折れて流れ落ちていますが、最後の4段目の落差は126mあるそうです。

富山駅北のタワー111(111m)はすっぽりと収まります。金沢駅前のポルテ金沢(130m)といい勝負です。なんでも構造物変換してしまいます(笑)

 

 

 

DSC00968

シャッタースピードを早めにして、滝の迫力を出してみました。

 

 

写真の枚数の関係から、続きは次回です!

関連記事
  1. 2014/11/17(月) 18:34:07|
  2. 富山市 (Photo)
  3. | コメント:0
<<称名滝と紅葉 2 2014.10.26 | ホーム | [建築の秋] 金沢で建築のイベントが目白押し! [建築の金沢]>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
称名滝と紅葉 1 2014.10.26 - スポンサー広告富山市 (Photo)