スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

【特集】金沢・片町「片町きらら」ができるまで

2015年9月、金沢・片町に新たな商業施設「片町きらら」がオープンした。

H&MやLOFTが進出し、片町は賑わい、金沢市中心部に新たな風が吹いている。

片町きららの建設されたエリアには、北陸に3店舗構える百貨店の旗艦店「片町大和」を前身とする商業ビル「ラブロ片町」があった。

ラブロ片町とその周辺を再開発する「片町A地区再開発事業」。構想からわずか5年、再開発事業にしては全国的に見ても異例の速さで成し遂げた再開発。私なりに「ラブロ片町」が「片町きらら」になるまでを過去記事を交えながら特集する。

 

 

私の手元に残っている新聞記事等を参考にすると、

 

 

◆片町きららができるまでの歴史

2010年4月16日 ラブロ片町の老朽化でLOFTとの交渉がまとまらず。商業者らが再開発に向けた研究会(片町A地区再生研究会(仮称))を設立。ラブロ片町の建て替えを含め検討。

 

686

 

2011年 大和にラブロ再開発準備委員会を設置(参考記事:【特集&徹底検証】ラブロ片町再開発

2012年3月 片町再開発が始動。金沢市が再生基本計画策定支援費を予算に計上。

2013年2月ごろ 片町再開発に向け3案(基本案・ホテル案・住宅案)が新聞に掲載。同年5月に意見がまとまることが決まる。(参考記事:片町再開発の3案について

基本案 1~3階を商業施設、4、5階を公益施設や業務施設
ホテル案 1~3階を商業施設、4、5階を公益施設や業務施設、5~10階を150室程度のホテル
住宅案 1~3階を商業施設、4、5階を公益施設や業務施設、5階~11階を72戸の住宅

2013年4月ごろ ラブロ片町が2013年3月16日で閉店することが発表される。(参考記事:ラブロ片町が来年3月閉店

2013年10月ごろ 片町再開発を基本案とすることが決定。(参考記事:ラブロ片町の再開発 着々と計画中

再開発のフロアは、

5階 ブライダル施設
4階 ブライダル施設
3階 商業施設
2階 商業施設
1階 商業施設

2016年春完成予定 となることが決定。

2014年3月16日 ラブロ片町が閉店 片町大和からの長い歴史に幕。

 

154

 

===本格的に解体工事が開始===

2014年5月 片町A地区再開発 建物解体工事 2014.5月下旬

隣接するエクセルコや芝寿し片町店も閉店。芝寿し片町店は更地に。

 

2014年7月 片町A地区再開発 建物解体工事 2014.7月上旬

ラブロ片町が本格的に解体される。

P8191293 

 

2014年8月 片町A地区再開発 建物解体工事 2014.8

ラブロ片町の解体工事が進む。

 

2014年9月 ラブロ片町の解体が終盤! 2014.9

ラブロ片町の解体終了。北・南ブロックの解体も進む。

 

===本格的に建設工事が開始===

2014年10月 片町A地区再開発事業 2014.10

躯体解体工事とともに、南ブロックでは再開発に向け建設工事に着手。

再開発に伴い新たに南ブロックの建物1棟を取得。

アルカンシエル金沢が2016年2月のオープンを検討との報道。

 

2014年11月 片町A地区再開発事業 (ラブロ片町 再開発) 2014.11

南ブロックで基礎工事が終了。北ブロックで基礎工事・解体工事が進行中。

完成予想図が安全柵に貼られる。タワークレーンが建つ。

 

2014年12月 片町A地区再開発 (ラブロ片町 再開発) 2014.12

南ブロックで鉄骨が組み立て中、片町の仮バス停が設置される。

 

2015年1月 片町A地区再開発 (ラブロ片町 再開発) 2015.1

南ブロックからラブロ跡地にかけて鉄骨が組み立て中。

北ブロックは基礎工事。大規模小売店舗の申請。

商業施設部分は2015年9月18日に先行開業すると発表。

DSC09116 

 

2015年2月 片町A地区再開発 (ラブロ片町 再開発) 2015.2

北ブロックでも鉄骨が組み立て。南ブロックでは組み立て完了。

H&Mが北陸初出店することが発表。金沢美大1年生が書いた作品が安全柵に描かれる。

 

2015年3月上旬 片町A地区再開発 (ラブロ片町 再開発) 2015.3

婚礼施設の鉄骨組み立て中。南ブロックはブルーシートに覆われる。

 

2015年3月下旬 片町A地区再開発 (ラブロ片町 再開発) 2015.3.27

大屋根の部分の鉄骨が組み立て中。サルバトーレクオモ&バーの出店が判明。

 

2015年4月 片町A地区再開発 (ラブロ片町 再開発) 2015.4

大屋根部分の柱の取り付けが完了。愛称が「片町きらら」に決定。

センスオブプレイスバイアーバンリサーチの出店が判明

 

2015年5月 片町A地区再開発 ( 片町きらら ) 2015.5

4階、5階部分がお目見え。南ブロック裏側の壁もお目見え。

 

2015年5月20日 片町きらら に H&M、LOFT が進出!ラブロ跡地が生まれ変わる!

片町きららにLOFTの進出が発表。

 

2015年7月18日 片町きららの全テナントが発表される。(参考記事:片町きららの全テナントが発表!2015年9月18日開業へ!

 

2015年7月 片町A地区再開発事業 ( 片町きらら )2015.7

外観を覆うシートがすべて外れ、全容が明らかになる。

 

2015年9月18日 片町きらら の商業施設部分が全面開業!! (参考記事:金沢・片町「片町きらら」が開業しました!LOFT、H&Mなどが出店!)(リンク:片町きらら 公式サイト)

20151001_0143

 

 

そして・・・

2016年3月 婚礼施設 アルカンシエル金沢 グランドオープン(予定)(リンク:アルカンシエル金沢

      「片町きらら」全面開業

 

と、なります。

 

これからも、片町の賑わいの核となってほしい商業施設です。ただ、片町きらら、開業で片町は完全復権したかというとまだだと思います。

片町の老朽化ビルは7割あり、これからの再開発に大きな弾みになるといいですね。片町B地区、C地区と優良な再開発が続いていけばと思います。

 

 

 

159

【お知らせ】今回は「片町きらら」ができるまで をまとめましたが、今後は閉店前のラブロ片町の様子もまとめたいと思っています。

撮影枚数は少ないですが、またそちらも楽しみにしていてください。

スポンサーサイト
  1. 2015/10/31(土) 17:35:44|
  2. 再開発・建設中(金沢・石川)
  3. | コメント:0

天皇皇后両陛下が富山県をご訪問!富山駅でのお出迎えに参加しました。

20151024_1127

本日(10月24日)、天皇皇后両陛下が富山県をご訪問しました!これは、明日、10月25日から2日間にわたって開催される「全国豊かな海づくり大会 富山大会」にご出席されるためです。天皇皇后両陛下が富山県をご訪問されるのは、2000年に行われたとやま国体以来ということで、富山駅でのお出迎えには、大変多くの人が詰めかけました。

富山県内では、2015年5月に行われた石川県の全国植樹祭ほど告知されていない印象があったため、駅前はさほど人はいないだろうという判断で行ってみると・・・今まで富山駅では見たことない、多くの人でごった返していました。

 

 

 

 

 

 

 

20151024_1135

天皇皇后両陛下が富山駅に到着する1時間前の、13時ごろでご覧の人だかりです!

 

 

 

 

 

 

 

20151024_1136

駅構内もこんな感じです。北陸新幹線で富山駅に降り立った観光客は、なぜこの人だかりなのか不思議な顔をされてました。

 

 

 

 

 

 

 

20151024_1159

駅舎外側には、日本国旗が掲揚されていました。

 

 

 

 

 

 

 

20151024_1227

そして、御料車が到着されました!実は、お目にかかるのも初めてなもので、いよいよという高揚感が出てきました。

 

 

 

 

 

 

 

20151024_1239

ナンバープレートの位置には菊の紋章が。

そして、「皇8」と書かれていました。

 

 

 

 

 

 

 

20151024_1251

せっかくの富山らしい写真ということで、御料車と富山駅(北陸新幹線もいます)verを撮影。

市内電車もわずかに見えます。

 

 

 

 

 

 

 

20151024_1255

こちらも市内電車と絡めてみました。

富山駅はまだまだ駅前広場が工事中で、つい最近、広場整備工事が再開したと思っていたら、まさか今日に合わせるために整備していたとは。

旧富山駅舎があった場所は更地になり、今日は強風が吹いていたため、風が吹くたびに砂埃がこちら側に飛んできていたので心配していましたが、工事関係者による散水により、多少はなんとかなっていました。

 

 

こうやっていろいろしている間も、言うまでもなく、警備体制は超厳重警戒です。

町中にパトカーや白バイがあちらこちらにあふれ、バスターミナルも警官、私服警官が歩き、人だかりにもSPらしき人が紛れ込んでいました。

空を見上げると、石川県警のヘリが富山駅上空でホバリングしていました。石川県警のほかにも、愛知県警や、四国の方からも警察官が来ていたそうです。

 

 

そして、女性警察官のDJポリスのような誘導の上手さは、称賛できました。

笑いを取りつつ、場を和ませ、随時、情報を提供してくれました。

 

 

 

 

 

 

20151024_1263

さて、14時前、北陸新幹線で富山駅に到着されたという一報が入り、いよいよという空気になってきました。

 

 

 

 

 

 

 

20151024_1273

そして、お偉いさんが続々と…

写真には石井富山県知事が写ってます。

 

 

 

 

 

 

20151024_1283

そして、天皇皇后両陛下が富山駅を出て、一斉に国旗を振ります。

 

 

 

 

 

 

 

20151024_1301

天皇陛下が御料車に乗られた後、美智子さまが乗られました。

 

 

 

 

 

 

20151024_1305

御料車に乗り込んだ後、笑顔で手を振られ、富山駅をあとにしました。

この後、イタイイタイ病資料館へ向かわれました。

 

 

 

 

 

 

20151024_1307

初めて、天皇皇后両陛下をお目にしましたが、笑顔とお姿がとっても素敵でした。

 

 

 

 

 

 

 

20151024_1312

天皇皇后両陛下が向かわれた後の富山駅です。

大都会のターミナル駅ばりに混雑してます。

 

 

 

 

 

 

 

20151024_1332

続いては、イ病資料館からANAクラウンプラザ富山へ向かわれる際の写真です。

総曲輪で待機しておりました。

 

 

 

 

 

 

 

20151024_1339

このパトカーには「1」という番号が振られています。

これは、御料車が訪れる1分前ということだそうです。

こんな仕組みになっていたとは初めて知りました。

 

そして、信号制御で富山の交通の大動脈、国道41号線がすべて青信号となったところで、御料車が通られました。

 

 

 

 

 

 

20151024_1340

この時も、美智子さまはしっかりお目にかかることが出来ました。

 

 

 

 

 

 

20151024_1342

最後に「Z」と書かれたパトカーが通ります。

これは、全て車列が終わったことを示します。

赤ランプに青ランプも取り付けられている特殊なパトカーです。

 

 

 

 

 

 

20151024_1347

そして、ANAクラウンプラザに到着された御料車。まさに漆黒でカッコイイです。

 

 

 

 

 

 

 

20151024_1354

さいごに、皇宮警察の白バイです。

 

 

 

 

 

 

20151024_1361

そして、御料車もホテルを後にしました。

 

 

25日、26日は、富山県射水市で行われる「全国豊かな海づくり大会」にご臨席されます。

県内では交通規制も行われるのでお気をつけて。

  1. 2015/10/24(土) 21:50:27|
  2. 富山市 (Photo)
  3. | コメント:2

リニューアルされたサンダーバードと金沢駅の七尾線ホーム

DSC_0033

先日、偶然、リニューアルされたサンダーバードが通りかかったのでその時の写真を。

サンダーバードは2018年までに全車両リニューアル更新を行う予定で、先月その1編成目が運行を開始しました。

 

 

 

 

 

 

 

DSC_0035

以前の車両よりも青ラインがくっきりした印象があります。

ちなみに、奥の金沢駅の七尾線ホームは、観光列車花嫁のれんの運行に合わせて、リニューアルしたものです。

 

 

 

 

 

 

DSC_0038

金沢駅西の副都心と新型サンダーバードのコラボです

 

 

 

 

 

 

DSC_0039

正面も青ラインがあることが分かりますね。

 

 

 

 

 

 

DSC_0699

最後に、北陸新幹線金沢駅から見た、金沢駅七尾線ホームの様子です。

唯一屋外に設置されている、七尾線ホームはかつての電化前の名残です。

殺風景だっただけに、少しだけ華やかになりました。

  1. 2015/10/19(月) 17:27:50|
  2. 飛行機・鉄道
  3. | コメント:0

金澤月見光路 2015が開催されました!!

DSC_0599

金澤月見光路2015が開催されました!!

金澤月見光路(かなざわつきみこうろ)は、金沢工業大学と広坂商店街が2003年から始めたプロジェクトで、

金沢工業大学の環境・建築学部 建築デザイン学科、建築学科の学生達が金沢市の中心にある広坂商店街およびその周辺地域住民と連携して、金沢市の中心市街地に元気をつけようと、あかりを使って都市空間を幻想的に演出するものです。学生が自ら制作したあかりのオブジェを街の中に多数散りばめ、城下町らしい雰囲気と優雅でゆっくりと楽しめる夜の金沢の演出を行っています。

(金沢工業大学 月見光路から引用http://www.kanazawa-it.ac.jp/prj/tsukimi/about.html

 

 

 

 

 

 

DSC_0564

今回は、香林坊アトリオにカフェもオープン。

 

 

 

 

 

 

DSC_0565

アトリオ前広場は、オシャレなオープンカフェとなっていました。

 

 

 

 

 

 

DSC_0585

続いて、しいのき緑地へ移動。

こちらが月見光路のメイン会場です。

起伏のある芝生の上に様々なオブジェが置かれ、金沢の街に暖かな光を放っていました。

 

 

 

 

 

 

DSC_0588

アメリカ楓通りとオブジェ。

金沢で一番早い紅葉と言われるアメリカ楓も色づいてきました。

 

 

 

 

 

 

DSC_0591

起伏の山頂には、今回の月見光路で最も大きなオブジェが。夜空に浮かび上がっているようでした。

 

 

 

 

 

 

 

DSC_0592

オブジェたち。

 

 

 

 

 

 

DSC_0596

金沢駅鼓門を模したオブジェです。

 

 

 

 

 

 

DSC_0600

大正建築である、しいのき迎賓館(旧石川県庁舎)とも見事にマッチしています。

 

 

 

 

 

 

DSC_0617

しいのき迎賓館前には紙でできた花が咲き誇っていました。

 

 

 

 

 

 

DSC_0620

現実と非現実、造形物が組み合わさる光景はなんだか不思議な感じです。

 

 

 

 

 

 

DSC_0632

こちらにも照明がいくつか並んでいました。

 

 

 

 

 

 

DSC_0637

今年でプロジェクトが始まって12年目。

プロジェクトが始まった当初は、市民に受け入れられる街の照明からはじまり、あかり山、あかり草木などの鑑賞型のオブジェが多かったですが、最近では、金沢駅プロジェクションマッピングや月見光路の手をかざすと色が変わるオブジェなど、参加型のオブジェが増えてきています。

ただ見るだけでなく、来場者も参加できるイベントとなってきています。

 

金沢城の石垣や、商店街、しいのき迎賓館に囲まれた、このエリアが洗練された明かりに包まれていることにとても感動しました。

来年はそろそろ、あかり山やあかり草木など、伝統と美を追求した素敵なオブジェを再び見たいというのが個人的要望です(笑)

 

来年の秋も楽しみですね。

  1. 2015/10/11(日) 17:10:46|
  2. 金沢市 (Photo)
  3. | コメント:0

世界で最も美しい駅 金沢駅 のプロジェクションマッピング2015

DSC_0478

世界で最も美しい駅 に選出された金沢駅

金沢駅プロジェクションマッピング「金澤月見ゲート」が開催されました。

開催して3回目となる今年は、北陸新幹線金沢開業後初めてだった影響もあり、前年を上回る多くの観光客が訪れていました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

DSC_0453

19時30分、まだまだ観光客が街を歩いていて賑わう金沢駅周辺。

鼓門にはすでに多くの人だかりが。19時からプロジェクションマッピングが行われていました。

 

 

 

 

 

 

 

DSC_0465 

金沢駅プロジェクションマッピング「金澤月見ゲート」は、金沢市と金沢工業大学による共同プロジェクトです。

まずは、体験型プロジェクションマッピングから。鼓門を中心に、右と左でスマホを振ってどちらが勝つか?というような全員参加型で、多くの方が楽しんでいました。

 

 

 

 

 

 

 

DSC_0470

そして、鼓門に加賀友禅があらわれました!!

 

 

 

 

 

 

 

 

DSC_0478

続いては、鑑賞型プロジェクションマッピングです!

5分の上映を2回繰り返します。

 

今年のメインテーマは「Flowing Kanazawa」

金沢の街の魅力の一つである、街を流れる川、用水による水の流れとそこから生み出される景観に対する思いが込められています。金沢では水の流れを活かして、加賀友禅の鮮やかな染などの文化が形成されてきました。今回は緩やかな水の流れ、1日の時間の流れにのせて、金沢の優美な文化を表現します。

(金沢工業大学 金澤月見ゲート より引用 http://www.kanazawa-it.ac.jp/kitnews/2015/20150929_t-gate.html

 

 

 

 

以下、写真をお楽しみください!!

 

DSC_0479

 

 

 

 

 

 

DSC_0482

菖蒲の花

 

 

 

 

 

 

 

DSC_0483

 

 

 

 

 

 

DSC_0487

金沢の和傘

 

 

 

 

 

 

DSC_0496

鳳凰が鼓門を舞います~

 

 

 

 

 

 

DSC_0498

 

 

 

 

 

 

 

 

DSC_0502

個人的にこの模様が一番綺麗で好きでした。

 

 

 

 

 

 

 

DSC_0506

牡丹の花

 

 

 

 

 

 

DSC_0510

流星でしょうか?

 

 

 

こんな感じで次々と移り変わる素敵なプロジェクションマッピングでした!

 

世界で最も美しい駅 金沢駅を学生製作のプロジェクションマッピングが彩る、学都金沢ならではの試みです。

こういった点も金沢の大きな魅力の一つだと思います。私の背後にいた観光客(50~60代)の方も「あら~金沢らしくて素敵ね」とおっしゃっていました。

 

 

金澤月見ゲートは、19時から21時まで金沢駅東口鼓門で、2015年10月10日、11日に開催されます。

体験型プロジェクションマッピング(15分?)と鑑賞型プロジェクションマッピング(15分?)を21時まで交互に繰り返します。

 

 

もう一つ、金沢工業大学の学生が、金沢市中心部を光で彩ったイベント「金澤月見光路」については、改めて紹介します。

  1. 2015/10/11(日) 16:00:13|
  2. 金沢市 (Photo)
  3. | コメント:0

竪町コミュニティモール整備事業 2015.10

DSC_0173

竪町の「タテマチストリート」では、竪町コミュニティモール整備事業が行われており、平成12年にコミュニティモール化が完了し15年が経過したことから、夜間照明の新設、休憩スペースや防犯カメラの更新が行われるそうです(平成27年度金沢市補正予算に掲載されていました)

 

 

 

 

 

 

 

DSC_0175

片町きららの開業効果で人通りは開業前より増加している竪町ストリート。

ついに、コミュニティモール整備事業の目玉である街灯が新設されました!

 

 

 

 

 

 

DSC_0176

まだ覆われていますが、こちらが新設される街灯です。

シンプルなデザインで、街に溶け込んでいます。

 

 

 

 

 

 

 

DSC_0177

左右交互に設置されています。

なお、ベンチ等はまだ設置されていません。(再度設置されるかどうかわかりません)

 

 

 

 

 

 

 

DSC_0178

金沢PATIO前では、街灯の設置準備中でした。

 

 

 

 

 

 

 

DSC_0179

ベルセル前は既に設置されていました。

もしかすると、写真のように、ベンチは設けずに、椅子とベンチ、パラソルを通りに設置する方向なのかもしれません。

 

 

 

 

工事は今年の10月31日までの予定なので、完成後は夜も安心して歩けるようになりそうです。

  1. 2015/10/09(金) 21:08:58|
  2. 再開発・建設中(金沢・石川)
  3. | コメント:0

世界有数の苔の聖地!小松市 日用神社がすごい!

全国1000万人の苔ファンの皆様、こんにちは。

 

小松市日用町には世界有数の苔のメッカ、叡智の杜という場所があります。

叡智の杜にある苔の里は、かつて”苔の園”として開園していた苔のメッカである庭園と、日用神社があるエリアの総称です。

 

今回は、日本一苔が美しい神社と言っても過言ではない、日用神社を紹介します。

まずは、駐車場にて、入園料(環境整備協力金500円(小中高校生:250円))を支払い、苔の里、そして日用神社へ。

※日用神社も私有地なので、境内の前への駐車はやめましょう。

 

 

苔の里こそ、48種類の蘚苔類が発見されており、素晴らしい庭園ですが、今回は割愛します。

 

DSC_0198

こちらが日用神社です。

早速、境内へ…

 

 

 

 

 

 

 

DSC_0200

橋の欄干まで苔に包まれています。

 

 

 

 

 

 

 

DSC_0203

橋の上から川を眺めます。

適度に日が当たり、適度に湿っている、この状態こそ、苔にとって最高なのだそうです。

 

 

 

 

 

 

DSC_0204

蔵の壁から竹がむき出しています。

昔から自然の素材を用いて人と自然が共存している様子が伝わりました。

 

 

 

 

 

 

DSC_0205

境内を埋め尽くす苔、苔、苔...

京都の苔寺より苔が活き活きしているようでした。

 

 

 

 

 

 

DSC_0208

境内には杉の木がたくさん生えています。

このあたりで生育する杉の木は「日用杉」と呼ばれ、全国的に知られています。

実際に、世界的に有名な建築家 隈研吾氏がこの地を訪れ、隈氏が設計した、国連大学の茶室に日用杉が使われたそうです。

日用杉の根元にも苔が包み込んでいます。

 

 

 

 

 

 

 

DSC_0209

そして、苔のあいだから新たな生命が誕生していました。

 

 

 

 

 

 

 

DSC_0217

鳥居の奥に、苔を突き抜けるように日用杉が上へ伸びている姿がとっても美しいです。

 

 

 

 

 

 

 

DSC_0222

上を見上げても緑が鮮やかでした。

 

 

 

 

 

 

DSC_0235

日用神社の境内はとっても美しく、一見の価値があると思います。

是非、小松市をお越しになった際は、立ち寄ってみてください。

  1. 2015/10/02(金) 19:42:57|
  2. 石川県 (Photo)
  3. | コメント:2

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
2015年10月の記事 - 金沢まちゲーション -kanazawa machigation-