スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

ボイジャーオブザシーズが伏木富山港に! 2015.5.18

 

DSC09342 

豪華客船「ボイジャーオブザシーズ」が2015年5月19日、伏木富山港に入港しました!

 

 

 

 

 

 

DSC09344 

ボイジャーオブザシーズは、現在、世界で4番目に大きな豪華客船で、北陸に寄港した豪華客船の中では最大となります。

 

 

 

 

 

 

DSC09349 

出港セレモニーに合わせて行ったので、北陸各地を回った観光客を乗せた観光バスが次々と到着していました。

 

 

 

 

 

DSC09353 

上部はガラス張りでカッコイイです。

 

 

 

 

 

DSC09358 

出航前には、ダンスや楽器演奏などが行われ、観光客も大いに盛り上がっていました!

 

 

 

 

 

 

DSC09359 

出航前となると、岸壁への入場が可能です。

見てください!海上に突如出現したリゾートのようです!

およそ岸壁から最高部まで高さが約55mあります!

 

 

 

 

 

DSC09361

 

DSC09367 

 

 

 

 

 

 

DSC09372 

汽笛が鳴り、別れの時間が近づきます。

最上階にもたくさんの観光客が!ちなみに、ボイジャーオブザシーズの最大収容人数は3800人を超えるそうです・・・!恐るべし!

 

 

 

 

 

DSC09378 

 

DSC09379 

 

 

 

 

 

 

DSC09380 

巨大なビルのようです。

 

 

 

 

 

DSC09382 

別れの時間です。日本語、英語でアナウンスが入ります。船内からは中国語アナウンスも聞こえました。

お互いに手を振り合います。

 

 

 

 

 

DSC09391 

風船が空へと放たれました。

 

 

 

 

 

DSC09393 

乗客も手を振り返しています。

 

 

 

 

DSC09394

高岡市消防音楽隊の皆様の演奏でお別れです。

 

 

 

 

DSC09397 

次第に岸壁から離れていきますが、船体が大きすぎて、離れて行っていることにしばらく気づかなかったです。

 

 

 

 

DSC09399 

船を追いかけて手を振ります。乗客でもないですが、このおもてなしに感動しました。

 

 

 

 

 

DSC09402 

ようやく豪華客船の全体像が見えてきます。

 

 

 

 

 

DSC09403

全長300mを超える超大型の豪華客船、ボイジャーオブザシーズ号は、境港へ向けて出発しました。

 

 

 

 

 

DSC09406 

 

DSC09415 

新湊大橋とボイジャーオブザシーズ号の2ショット!

奥には立山連峰を望みます。

 

 

 

 

DSC09428

幅48mの大きな後姿を見せてくれました

 

 

 

 

 

DSC09432

そして、方向転換した後、富山港を去っていきました。

 

豪華客船の見送りは初めてでしたが、乗客でもないのに感動しました。

また北陸へ訪れていただきたいですね。

私自身も外国船籍の豪華客船に乗ってみたいです。

スポンサーサイト
  1. 2015/05/27(水) 20:44:24|
  2. 富山県 (Photo)
  3. | コメント:0

富山第一銀行本店 2015.5

DSC09270

富山第一銀行 本店

富山第一銀行は、富山市に本店を置く第二地銀です。

富山第一銀行本店は、2015年6月8日から、総曲輪2丁目の現本店から西町の再開発ビル「TOYAMAキラリ」に移転することが決定しているため、現在の本店が本店ではなくなる前に撮影しました。

 

 

 

 

 

DSC09272

富山第一銀行本店の建物は、一見、戦前から残っている美しい銀行建築に見えますが、実は1951年(昭和26年)建築の戦後の建物です。

 

 

 

 

DSC09266

南側はこんな感じです

 

 

 

 

 

DSC09267

裏側は装飾等はありませんが、真っ白な美しい建物です。

 

 

 

 

 

DSC09268

西側の様子。石柱が上へ伸びる姿は、戦前の銀行建築を引き継いだような重厚的な銀行建築です。

ちなみに、この建物を建てる際にモデルになったのが、東京丸の内にあった「第一銀行本店」だそうです。第一銀行本店の建物は現存しないものの、その意匠を引き継いだ建物は今も富山に存在しています。

 

 

 

 

 

DSC09269

ちなみに、設計施工は富山のゼネコン 佐藤工業です。

 

 

 

 

 

DSC09273

こちらは北側の様子です。

 

 

 

 

 

DSC09274

正面入り口です。北陸にもこのような銀行本店があるとは知らなかったです。

扉には装飾もあります。

 

 

 

 

 

DSC09275

御影石がふんだんに使われた正面は大変贅沢な作りとなっています。

 

 

 

 

 

DSC09276

アーチも美しいものです。

 

 

 

 

 

DSC09278

照明もオシャレです。

 

 

 

 

DSC09277

戦後の銀行建築でここまで戦前に建てられた銀行の意匠を引き継いだ建築は初めて見ました。

とても貴重な建物なので、本店移転後も何か活用されればと思います。

  1. 2015/05/22(金) 18:57:40|
  2. 富山市 (Photo)
  3. | コメント:0

大幅リニューアルされた「石川県立歴史博物館」へ行ってきました!

DSC09084

石川県立歴史博物館は、1986年(昭和61年)に現地で移転開館して以来の大幅リニューアルのために、2013年3月から2015年4月までの2年間休館していました。

そして、先月OPEN!愛称が「いしかわ赤レンガミュージアム」となった、石川県立歴史博物館をご覧ください!

 

 

 

 

 

DSC09046

石川県立歴史博物館の外観です。

県外から来た方は「横浜の赤レンガ倉庫みたい」と言っていました。

こちらの赤レンガ建築は、明治42年から大正3年にかけて建てられた、旧陸軍第九師団の兵器庫でした。戦後は金沢美術工芸大学となり、1986年から石川県立歴史博物館となり現在に至ります。

※国の重要文化財に指定されています

 

 

 

 

DSC09048

旧陸軍の兵器庫として全体が現存するのは、全国でも3都市だけだと言われています。

 

 

 

 

 

DSC09050

新緑と重厚な赤レンガがとっても合いますね~

建物自体が、金沢が軍都であった歴史を伝えてくれます

 

 

 

 

 

DSC09054

さて、内部へと入ります~

ちなみに、向かって右側が加賀本多博物館となり、旧藩老本多蔵品館から移転したものとなります。赤レンガの兵器庫が建つ前、この地は藩老本多家の屋敷があった場所です。歴史博物館があるこの地は金沢の歴史を支えてきた由緒ある場所ですね。

 

 

 

 

 

DSC09055

内部は、係の方に撮影OKと言われた場所を撮りました。(無料ゾーンはOKとのことです)

上の写真は兼六園周辺文化の森のジオラマです。

ブラタモリに使えそうな、地形まで再現された精巧なジオラマとなっています。

 

 

 

 

 

DSC09058

壁面には昭和初期に書かれた石川県の地図がありました!

この地図だけで1時間はじっくりと見ていられそうでしたw

上は、現在の小松市です。まだ加賀三湖があり、梯川が湾曲していた時代・・・。

小松駅から私鉄が2本伸びています。尾小屋鉄道と北陸鉄道小松線ですね!

(話し出すとキリがない・・・くらい見とれてしまう地図です)

 

 

 

 

 

DSC09060

金沢もこんな感じで・・・言い出すとキリがないので割愛させていただきます(笑)

こんな感じで石川県の地図が能登から加賀まで壁一面にドーンとあります!

絶対見るべきです(笑)

 

 

 

 

 

DSC09063

内装もとっても素敵です(撮影可の場所です)

有料ゾーンは撮影禁止でしたが、興味深い展示が沢山ありました!

具体的には・・・

  • 兼六園のジオラマ
  • 初代金沢駅の模型
  • 円光寺団地の地図
  • 江戸時代の犀川大橋から片町周辺の絵図をもとに再現した、復元ジオラマ
  • 歴史博物館として使われている建物の歴史
  • 能登のお祭り体感コーナー

など、こちらも言い出すとキリがないです!

 

 

 

 

 

 

DSC09065

建物の外にもいろいろな仕掛けが・・・

リニューアル前からありましたが、辰巳用水の石管を利用したカスケードが。

運良ければ水が出ているところを見れるかも^^

 

 

 

 

 

DSC09067

辰巳用水の石管は、実際に辰巳用水で使われていたものとなります。

貴重なものだと思われます。

 

 

 

 

 

DSC09066

重厚な赤レンガも要チェックです~!

 

 

 

 

 

DSC09071

赤レンガ3棟を望む

 

 

 

 

 

DSC09074

下から見上げてもカッコイイです!重厚感が増します。

 

 

 

 

 

DSC09077

そして、大幅リニューアルされたのがこちら!総ガラス張りの休憩スペースが誕生しました!

重厚な赤レンガと見事にマッチし、近未来的に見えます。

 

 

 

 

 

DSC09078

休憩スペースからは木々と、赤レンガ建築が見渡せます。

 

 

 

 

 

DSC09082

他にも歴史博物館の周りには”遺産”が多く眠っているので要チェックですよ!

 

 

 

 

 

DSC09083

・・・と、石川県立歴史博物館を巡ってきました~

リニューアルされた歴博は館内に最新技術が取り入れられ、かつ、来場者を引き付ける仕掛けが沢山ありました。石川県の歴史を学ぶ拠点としては、文句なしの施設となっています!!是非訪れてみてください。

ただ、駐車スペースは少ないので、お気をつけて~

  1. 2015/05/16(土) 21:00:59|
  2. 金沢市 (Photo)
  3. | コメント:2

JR福井駅前に恐竜が出現!

DSC05903

JR福井駅前に恐竜がいる!と話題なので、先月末にJR福井駅前へ行ってきました。

 

 

 

 

DSC05905

ごらんの通り、福井駅前は恐竜にジャックされています!!

 

 

 

 

 

DSC05909

駅舎には恐竜が書かれた大壁画、そして、実物大の恐竜が実際に首が動いており、時折「鳴き声」が聞こえます。

 

 

 

 

DSC05917

左から、フクイラプトル、フクイサウルス、フクイティタンで、いずれも大昔に福井県に生息していたものということです。恐竜の皮膚の色は空想のものとのこと。

 

 

 

 

DSC05933

フクイティタンは高さ6mあり、大変迫力があります。

背景の大壁画も、45m×10mあり、その時代に迷い込んだみたいです(笑)

 

 

 

 

DSC05929

下には恐竜の解説があります。家族連れに特に人気でした。(特に子供は興味津々)

 

 

 

 

DSC05937

ガラスがアクセントの近代的な福井駅に恐竜がいるという不思議な光景(笑)

 

 

 

 

DSC05939

そして、福井駅舎の地上付近には3Dの恐竜アートがあり、こちらもかなりリアルです。

 

 

 

 

DSC05941

まるで異次元への出入口のようです。福井駅の壁から今にも飛び出してくるような雰囲気です!

 

 

 

 

DSC05921

そして、福井県のゆるキャラ ラプトくんがベンチにいました。

かわいいですね^^

 

 

 

 

DSC05943

中2階にもラプトくんとジュラチックのメンバーと記念撮影できるスペースがありました。

 

 

 

福井駅が開業してから、これと言って何も福井らしさがなかった福井駅前ですが、恐竜を前面に押し出した駅前に生まれ変わり、話題性も抜群です!

この勢いで、駅前にヤシの木やシダ科の植物を植えて、ジュラシックパークみたいにしても面白いと思いました。

  1. 2015/05/05(火) 10:03:46|
  2. その他エリア
  3. | コメント:2

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
2015年05月の記事 - 金沢まちゲーション -kanazawa machigation-