スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

金沢で分譲マンションの建設ラッシュ!億ションも続々と…

金沢市中心部・駅周辺・郊外でマンションの建設ラッシュが起こっています。

特徴的なのは、2012年に書いた、「金沢にマンション建設ラッシュ到来!Part1」「金沢にマンション建設ラッシュ到来!Part2」では、大和ハウスとAPAが金沢市内に何棟も建てたのが理由でしたが、今回は、多くのデベロッパーが金沢市内に新規参入してきています。

そして、2012年は賃貸マンションも含めていましたが、今回は分譲マンションのみ載せています。

 

k-mantion

(金沢市中心部のマンション建設の状況)

 

■金沢市中心部■

◆プレミスト香林坊

67714490S01

物件名称:プレミスト香林坊
総戸数:113戸・店舗2戸・スカイラウンジ1戸・管理事務室1戸
売主:大和ハウス工業株式会社
敷地面積:1,755.65m2
階数:地上14階地下1階
施工会社:佐藤工業株式会社北陸支店
工事完了予定年月日:平成28年2月下旬
入居予定:平成28年3月下旬

 

香林坊の超一等地に位置するマンションです。1億5000万円の億ションが2戸販売されましたが既に完売済みです。

1階には店舗区画もあり、どういったテナントが入るのか楽しみです。

(建設状況はこちら(2015.10) http://kanamachigation.blog.fc2.com/blog-entry-868.html

 

 

 

 

 

 

 

◆北國銀行跡 三菱地所レジデンスがマンション開発

DSC_0091_thumb

2014年11月に金沢駅西口に本店を移した北國銀行。

旧本店跡地は解体工事が進んでおり、跡地は「ホテルドーミーイン」を展開する共立メンテナンスと、「ザ・パークハウス」を展開する三菱地所レジデンスが土地を取得する見込みです。

三菱地所レジデンスがマンション展開するのは、日本海側初でブランドと立地の良さから、良い物件になるのではないでしょうか。

まだ具体的な詳細は未定です。

 

 

 

 

 

 

 

◆武蔵南再開発事業で大京が分譲マンション

msasi

武蔵南再開発事業は「ライオンズマンション」ブランドで知られる、大京が事業協力者となりました。

計画では、組合施行での第一種市街地再開発事業を予定しており、住宅、商業施設、駐車場などが整備されます。

対象区域は約5000㎡となります。

詳細は未定ですが、金沢駅から1km圏内で、武蔵が辻にも近いので人気が出そうですね。

 

 

 

 

 

 

 

 

◆プレミスト金沢本町

phpLwiKxa_559f62e1615e8

プレミスト金沢本町

敷地面積 4532.11㎡
建築面積 1488.60㎡
延床面積 13052.53㎡
高さ 45.0m
階数 地上14階
棟数 6棟
設計 日興設計
工事完了予定日 2016年6月ごろ

戸数 117戸

 

プレミスト金沢本町も金沢駅1km圏内で、人気が高そうな物件です。

完成イメージを見る感じだと、ガラスが多く用いられクリアな外観ですね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

◆マストスクエア金沢

ff2c067b957c17d881b5cd73dbb22faf-300x212

名称:マストスクエア金沢

敷地面積:2,486.96㎡

建築面積:13,391.04㎡

総戸数:101戸(店舗4戸を含む)

構造・規模:鉄筋コンクリート造一部鉄骨造地上15階建て

完成時期:平成28年11月下旬予定

入居時期:平成29年1月下旬予定

 

こちらは金沢駅西口バスターミナルに面する、金沢駅に最も近いマンションとなります。こちらも億ションとなり、最高価格は1億5000万円を超えるそうです。バスターミナルに面した部分には店舗棟も建設されます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

◆プレミスト駅西本町(仮称)

大和ハウスが金沢駅西エリアの駅西本町でマンションを計画中です。

規模は14階建てで51戸が計画されています。

最近開発が進む金沢駅西。今後もさらにマンション開発が進みそうですね。

 

 

 

 

■金沢市郊外■

◆プレミア増泉

無題

金沢市郊外ではAPAのプレミア増泉が今秋竣工しました。

10階建て、69戸の分譲です。黒を基調とした外観がカッコイイです。

 

 

 

◆プレミア泉が丘

APAのプレミア泉が丘が金沢の文教地区である泉が丘に建設されます。計画では51戸です。

 

 

 

◆プレミア東金沢駅前 第3期プロジェクト

IRいしかわ鉄道東金沢駅前では、APAがプレミア東金沢駅前第3期プロジェクトを準備中で、2016年1月中に着工し、2017年3月下旬に完成予定です。

13階建てで高さは41mとなる予定です。第1期、第2期プロジェクトで誕生したマンションよりも階数は1階低いです。

 

 

 

 

他にも、タカラレーベンが金沢駅周辺で土地を探していたりするので、今後さらにマンション計画が発表されそうです。

スポンサーサイト
  1. 2016/01/30(土) 21:02:54|
  2. まち開発ニュース
  3. | コメント:0

JR富山駅周辺整備事業の完成イメージ模型を見てきました









富山駅北口にある「アーバンプレイス」内にあるJR富山駅周辺整備事業の完成イメージ模型を見てきました。














北陸新幹線富山駅の東京側から見た断面です。









こちらは、JR北陸本線富山駅を東京側から見た断面図です。


現在は上り線ホームの高架化工事が進んでます。


デザインは北陸新幹線富山駅ホームと統一されるようですね。










北陸新幹線とJR北陸本線の富山駅を見比べて…。


在来線の高架が終わるころにはJR北陸本線から「あいの風とやま鉄道」に名前が変わってますね。














JR富山駅南口のイメージ図。バスターミナルもシンプルですね。


写真手前に新たに富山駅西口が整備され、自家用車乗降スペースになります。









こちらは、在来線駅舎側の富山駅北口です。


市電の南北接続は現:富山駅北口駅から延長される形になります。


こちらも交通ターミナルとしてはシンプル。












東京側から見た富山駅の様子。将来的に電鉄富山駅も高架化されます。


こちらはまだ駅舎デザインもできてませんが、地鉄エスタビルを改装して改札スペースなどを設けるのでしょうか?










最後に現在建設中の富山駅です。急ピッチで工事が進行中です。

  1. 2014/08/12(火) 21:02:38|
  2. まち開発ニュース
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

JR金沢駅 コンコース リニューアルへ!



金沢駅のコンコースが高架化以来の大規模リニューアルされるようです!





 来年春の北陸新幹線金沢開業を控え、JR西日本は24日、金沢駅の改装計画を公表した。コンコースには駅東口の「鼓門」をイメージした木製の門型柱を配置して統一感を持たせ、伝統工芸品も活用。「金沢らしさ、石川らしさ」を演出し、「金沢の新しいシンボルロード」とする。

 門型柱は駅東口から西口の全長約120メートルのコンコース内に計12対を設置する。門型柱には電子看板を取り付け、観光情報や企業の広告などを発信する機能を持たせ、パンフレット棚も設置。コンコース内を明るくするために床も改修し、天井の照明設備は発光ダイオード(LED)に切り替える。

 デザイン以外に、駅の利便性を高める改装も行う。利用客が切符購入後、スムーズに改札へ向かえるよう、みどりの窓口を改札口側に移設。コンコースを挟んで改札口の反対にある現在の窓口は撤去し、コンコースを拡幅する。

 ほかにも荷物預かり所を改札口付近に設置し、コインロッカーも占有面積を約20%拡大。おみやげ館近くのトイレを全面改装し、在来線の各ホームに待合室の設置を進める計画だ。

 工事は今月から始まり、来年3月に完了予定。コンコースの改装は今年4月以降に着手するという。総工費は約10億円。

 JR西日本の野中雅志・金沢支社長は24日、谷本知事を訪れ、改装計画の内容を報告した。野中支社長は「開業を目指してしっかり取り組んでいきたい」と述べ、谷本知事は「(コンコースは)少し薄暗く統一感がなかったが、これで名実ともに金沢駅が新幹線の玄関口と呼べる」としたうえで、「開業間近に工事をしているとハラハラする。余裕をもって来年2月くらいに完成してほしい」と要望した。

(以下略)

(2014年1月25日 読売新聞)


完成イメージ(JR西日本プレスリリース引用)

{4C83BF32-3F6D-4C53-AF5D-3FCD50FE3105:01}


冒頭でも述べたとおり、1990年金沢駅高架化以来の大規模リニューアルです。
コンセプトは「東口広場と西口広場をつなぐ、金沢の新しいシンボルロード」です。
コンコースの柱には天然木が使用され、東口の鼓門が延長されるようなイメージとなります。

さらにコンコースには和紙などの伝統工芸品が使用される予定で金沢駅がさらに「新旧の融合(=金沢らしさ)」溢れる駅になります。

コンコースリニューアル工事をまとめると、

・木製柱は12対設置

・みどりの窓口を改札口側に移設することにより、コンコースが拡幅
・荷物預かり所を改札口付近に設置し、拡充
・在来線の各ホームに待合室を設置
・おみやげ館入口前と改札内(中2階)に設置されているトイレの段差解消

(JR西日本プレスリリースより引用 )

など、総工費10億円の大きな改装となる模様です。


今から、現在のコンコースの様子を見て行きますが、金沢駅は部分部分によって、時代背景を感じさせる天井となっています。





まずは、現在の金沢駅西口コンコースの様子です。こちらは、2007年の金沢駅西口ビル建設に伴いリニューアルされたものなので、比較的新しいエリアです。






こちらは、在来線改札付近のコンコースの様子です。こちらは、高架化当時(1990年)といえばバブル期なので、かなり豪華なつくりになっています。天井のデザインも90年らしく凝っているのがひしひし伝わってきますね。






柱に刻まれたこの作品は作家さんのものだそうです。高架化時もアートで溢れるような駅舎を目指していたのでしょうか?リニューアルに伴い、おそらく無くなることでしょう。









在来線改札口から東口へ進むと、新幹線改札口(右側建設中)となります。こちらは1997年に完成したもので、バブルが弾けた後のものなので、天井がかなり質素なように見えます。現在は照明があまり付いておらず、暗い印象です。







床は大理石を使用してますが、リニューアルに伴い新しい床になるようです。



完成イメージ動画がYouTubeに載ってました。見てみると、天井は一部はLEDが使われるものの形状などは今のままになるようです。
案内サインはとても見やすくなりそうですね。




突如発表された金沢駅コンコースリニューアル。北陸新幹線開業に向け、終着駅である金沢駅が大きく変わろうとしています。そして、駅舎の中も伝統工芸をあしらい、中も外も含めた「世界で最も美しい駅」となって欲しいですニコニコ



  1. 2014/01/28(火) 20:16:16|
  2. まち開発ニュース
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

地下道水族館の誕生⁉


金沢の地下道、水族館に 武蔵で今月着工

 金沢市の繁華街にある地下道が水族館に生まれ変わる。単に通路として利用されるだけの地下道を観光スポットにするため、県民有志が熱帯魚とデジタル映像を融合させた水槽の設置を計画した。国土交通省や同市の許可を得て、5月中にむさし交差点地下の工事に 着手し、香林坊や金沢駅でも順次実施する。
 企画したのは「NPO地下道水族館プロジェクト」(金沢市)。熱帯魚リース会社の代 表ら民間企業の経営者らでつくる組織で、北陸新幹線の金沢開業に向けて新たな人気スポ ットの整備を思い立った。人の往来を増やすことでホームレス対策につなげる狙いもある 。

 計画では、金沢駅前、武蔵、香林坊にある主要3地下道の壁面全てに水槽を設置する。 現在のショーウインドー部分を利用して奥行き12センチ、横幅と高さが約1・8メート ルの水槽を並べ、一つの水槽に約100匹の熱帯魚を放す。グッピーやネオンテトラ、エ ンゼルフィッシュなど小型魚を予定している。

 水槽の奥には電子看板を取り付ける。流す映像は、県民から募ったアイデアを元に決定 する。担当者によると、地元園児の写真や飲食店の紹介などを想定しており、内容は月ご とに入れ替えてマンネリを防ぐ。

 水槽の設置費用はNPOが負担し、第1弾となるむさし交差点地下道の工事は年内に完 了する見通し。完成後の維持管理費は「アイデア水槽」の広告料を充てる。

 金沢市によると、これまで市内の繁華街地下道は壁面に企業のポスターを貼ったり、地 元住民の作品発表の場として使われてきた。水族館のアイデアについて、同市は「まちな かのにぎわいを創出する宣伝媒体の一つとなる」(道路管理課)と期待している。

(北國新聞より引用)




なかなか良いアイデアだなと単純に思いましたね。

地下道が水槽で囲まれればちょっとした息抜きに地下道を通る機会も増えるのではないかな?と思います。

金沢まちゲーション -kanazawa machigation-

金沢市中心部の地下道はほとんど利用されていないのが現状です。
そして、香林坊、武蔵、金沢駅の地下道は、高度経済成長期に掲げられた『金沢60万人都市構想』によって建設される予定だった地下鉄の地下駅に対応した構造となっています。



結局地下駅は建設される事無く現在に至ります。









金沢まちゲーション -kanazawa machigation-

よくある質問で、「地下街作ればいいやん」という意見が見受けられますが、これらの地下道は道路と同じ扱いとして建設されたため店舗を設置する事は法律上不可能らしいです。









金沢まちゲーション -kanazawa machigation-

だからこそ私はつまらなくて恐い地下道を何とかならないかと、以前「金沢駅西地下道を考える」というタイトルで動く歩道の提案をしました。ブログ読者の方からは音楽を流すというアイデアがあったり、地下道についての在り方を考えました。










金沢まちゲーション -kanazawa machigation-

そして、今回発表された「地下水族館」はちょっと気休めに地下道へ行くこともありそうなので面白いですね。現在の地下道は、いいね金沢のポスターがずらり並んでいるだけでなんだかつまらないですよね。



小魚(熱帯魚)ばかりで水族館といえるスケールでは無いかもしれませんが、恐いガラガラの地下道のイメージから払拭されるかもしれません。



第一弾となる「むさしクロスピア」は、めいてつエムザ、近江町いちば館、グランドパレス武蔵ヶ辻地下店舗、ル・キューブ金沢(建設中)と接続するので今後は人通りが増える可能性もあります。



だけど、グランドパレス武蔵ヶ辻の地下店舗は入居数が極めて少なく、賑わいの欠片もなく、さらにル・キューブ金沢は地下はマンション用駐車場なので賑わうわけもなく、せっかくの地下水族館も台無しだなと思います。



武蔵ヶ辻は主要交差点がマンションに変わってしまったところが残念です。ダイエー閉店前の賑わいが戻らない限り将来的にも発展していくことは無いでしょう。



香林坊地下にせよ、金沢駅地下にせよ、地下道の先に目的地が無ければ誰も利用しません。地下道の魅力アップも必要ですが、今後は都ホテル、ポルテ、グランドパレス武蔵ヶ辻等の地下フロアの魅力アップも必要ですね。

  1. 2013/05/31(金) 18:52:09|
  2. まち開発ニュース
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

【特集】新規参入も!? 金沢のマンション競争!

金沢市におけるマンション開発が次々と明らかになってきました。






アパが中央通町に『プレミア金沢中央通』を着工、大和ハウスが広岡に『プレミスト金沢駅西口』の概要を公開、さらにマンション開発業者の新規参入がみこまれています。














まずは、


アパの『プレミア金沢中央通』の着工です。




金沢まちゲーション -kanazawa machigation-





本プロジェクトは地上10階・地下1階建、1LDK~4LDKの間取り構成。ガレージ付1LDKやルーフテラス付など全22タイプ、77邸の都市型マンション。建物1階にはアパグループ供給物件初となる車寄せとサブエントランスを設置。ホテル感覚のような設計とし、タクシーなどの利用でも雨や雪に当たることなく乗降、入館できる設計となっている。




APAニュースリリースより引用














洗練されたデザインがかっこいいですね。77戸ということで金沢市中心部(片町エリア)としては大きな物件だと思います。2013年3月1日現在、APAの『プレミア金沢駅前』は残り1戸となっており、アパのマンションも立地がよいので消化が進んでます。




















続いては大和ハウス『プレミスト金沢駅西口』の概要が公開されました。




余談ですが、私が以前に書いた記事
で『プレミスト金沢駅西口?(仮称)』と適当に名前をつけていたらまさかの本当に『プレミスト金沢駅西口』になったことに対してびっくりしました。残りの『プレミスト広岡2丁目?(仮称)』と『プレミスト広坂?(仮称)』も名前が当たるといいなぁ(笑)







photo:03

(建設予定地)

さて本題へ。外観の画像はないですが、ホームページ
を見る限り、後ろ側にタワー式パーキングが設置される模様。概要を見ると72戸。こちらも近年では規模の大きい方ではないでしょうか。部屋は2LDK~4LDKまであるそうで、ファミリー向けなのか部屋面積は比較的広い見込み。




外観が楽しみですね。
























さて、次は北陸初となるマンション開発会社の新規参入です。


フージャースコーポレーション』が金沢市玉川町に土地を取得したそうです。


詳しくはこちら




うーむ、どこの土地だろう??とリサーチしてみると、どうやらこちらの土地です






場所はセレモニーホテル斎苑の裏で敷地は850坪とかなり大きな土地です。この土地の販売希望額は2億3000万円だったのでそのくらいの価格で取り引きしたのかな?最近では類をみない大きな土地取り引きです。

しかし、物件備考を見ると、『玉川町遺跡の包蔵地の調査あり。』『まちづくり協定高さ制限20m 』と書いてあることから階数は5階程度かつ、着工が遅れそうですね。







ほかにも、金沢駅周辺ではタカラレーベンが進出予定で、今後も新幹線開業を見据え新規参入が増えそうですが、開発ラッシュになった今、そろそろ中心部での民間商業施設の開発をして欲しいところですね。


金沢中心部の場合、2006年に金沢駅に金沢フォーラスが開業してそれ以来商業床がほとんど増加してないです。
ここで商業ビルの開発があれば商業都市と言えるんだけどなぁ。
photo:02


  1. 2013/03/03(日) 13:14:41|
  2. まち開発ニュース
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:6

【大特集】金沢にマンション建設ラッシュ到来!part2


そして、ここからが新たな情報です!

大和ハウス工業が金沢市内で新たに3棟分譲マンションを着工するそうです。急に3棟も着工するなんて大和ハウスも大盤振る舞いですね。一気に220戸ほど供給されます。





以下は私の推測ですが、大和ハウスの武蔵ヶ辻に建設された「プレミスト金沢」は大和ハウスの展開する分譲マンションのプレミストシリーズの一つです。しかし、プレミスト金沢という名前からして最初は金沢にプレミストシリーズを展開するのを最初で最後にしようという狙いが込められて「プレミスト金沢」というネーミングにしたのでは無いでしょうか?(つまり、プレミスト金沢駅東とかだと今後も展開することが予想されますね。)そして、予想を大幅に上回る人気に乗って急遽3棟着工に踏み切ったのでは無いでしょうか?




※以下の名称については勝手に考えたものなのでご了承下さい。




■プレミスト広岡2丁目(仮称)
階数:地上14階
戸数:52戸
着工:2013年6月
竣工:2014年10月
◎こちらは立体駐車場「アットパーク50m」の裏に建設されます。現在は平面駐車場です。

photo:01

(写真でみると立体駐車場の左側に建設されます。)

敷地面積は狭いですが、1階は店舗となるようです。

photo:04

(北國銀行本店ビル)

おそらく隣に建設される北國銀行本店ビル(後日特集記事予定)の需要を狙った形なのかもしれません。




■プレミスト金沢駅西口?(仮称)
階数:地上14階
戸数:72戸
着工:2013年2月
竣工:2014年4月
◎こちらは「ホテルニュー希多川」跡地に建設されます。

photo:02

(奥に見えるのが「ホテルニュー希多川」です。)

敷地面積は普通の規模だと思われます。こちらは店舗スペースは設けられないようです。

photo:03

(大原学園ビル)

しかし、建設中の大原学園向かい、北國銀行本店ビル(建設中)にも近いため店舗スペース(コンビニ程度)を設けて欲しいです。




つまり、上の2つは北國銀行本店ビルを挟む形、あるいは建設中の大原学園にも近く金沢駅もすぐそばなので交通の便は大変良いと思われます。






最後は金沢市中心部です!


■プレミスト広坂?(仮称)
階数:地上14階
戸数:約120戸
着工:2013年10月
竣工:2015年4月
◎これを待ちわびてました!場所は広坂通り沿いのNTT香林坊ビル跡地(取り壊し済み)、第一生命ビル(香林坊第一ビル)跡地のまとまった敷地です。

photo:05

(建設予定地はビル2棟分)

当ブログでは「広坂通り再開発」、跡地については「高層ホテル」というふうに紹介してきました (詳しくはこちら)
が、大和ハウス工業が土地を東京の不動産デベロッパーから買収したそうです。そしてマンション建設を決定。以前からマンションを主とした複合ビル建設という噂も聞こえてました。




まあ、金沢市中心部はホテルが飽和状態で生存競争が激しく新たに2棟のホテルが建設中または計画中です。 (詳しくはこちら)

それにもかかわらず、さらにホテル建設は控えて欲しかったです。





photo:06


さらにこの立地条件は抜群で中央公園が向かいにあり、21世紀美術館、兼六園、金沢城公園、北陸最大の繁華街香林坊・片町が全て徒歩圏内の県都の都心部の超一等地の分譲マンションというと、立地条件から言えばもう二度と無いようなマンションになると思われます。




さらに1棟で120戸も供給するマンションは高さ制限で高層マンションが建てられない金沢では最大規模となり、金沢駅東口のプライムタワー金沢(2007年)以来となることでしょう。





そして北國新聞の記事によると、
『戸田裕之・北陸マンション営業所長は北國新聞社の取材に対し「金沢21世紀美術館やしいのき迎賓館に近く、金沢でも最も美しい場所の一つだと思っている。金沢市のランドマークとなるよう開発したい」と話し、1階には集客力のある路面店も検討しているとした。』(北國新聞)


ということは、2006年に建設された「香林坊マイアトリア」を連想させられます。
photo:07


photo:08


香林坊マイアトリアは香林坊の石川銀行本店跡地に外資系ファンドとAPAが建設した賃貸マンションで、総戸数79戸、地上14階地下1階、設計は町設計、マンションにしてはかなり洗練されたデザインで、1・2Fにメゾネット式の路面店を設け、現在は「エンポリオアルマーニ」「ポールスミス」「トリーバーチ」の海外ブランドが出店し、香林坊ブランドストリート形成の先駆けとなった建物です。



そして、今回の広坂通り沿いに建設されるマンションは金沢のランドマークを目指すデザインということは香林坊マイアトリアのような洗練されたデザインとなるかもしれません。



そして、1階の集客力のあるテナントが気になりますね。おそらく店舗スペースは規模からして3~4区画ほど設けられると仮定すると、1区画は休業中の福音館書店のスペースとなることでしょう。


photo:10

(香林坊から建設予定地は目と鼻の先)
残りは個人的予想では、(斜め向かいに香林坊アトリオがあり香林坊アトリオの北國銀行香林坊支店は北國新聞社が建設する南町立体駐車場 (詳しくはこちら)

に移転するので空いたスペースがブランド店が誘致されると仮定すると)大手セレクトショップやブランド店が誘致されるかもしれませんね。



現在は仮定形でしか語れませんが、現実的になると、広坂・香林坊のポテンシャルが高まります。



まずは着工までに香林坊第一ビルを取り壊さなければならないため着工は他より遅れますが、私もかなり期待しているマンションです。




photo:09


2013年~2015年にはタワークレーンが6本建つ事はほぼ確実です。北陸新幹線開業に向けて金沢市中心部で槌音が響いていきそうです。それが地価にも良い影響を与えてくれそうです。



P.S 編集後記
この特集記事を2つ書くのにあたって、iPhoneからの投稿のため計5時間かかりました。もう二度とこんなに凝った記事は無いかもしれません(^_^;)

iPhoneからの投稿
  1. 2012/12/09(日) 13:00:20|
  2. まち開発ニュース
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:8

【大特集】金沢のマンション建設ラッシュ到来!part1


いつかは記事にしたいと思ってた事が現実になりました。



金沢では
建設中・最近竣工のマンションが2棟
着工・着工予定のマンションが6棟
計画中のマンションが2棟
あります。


まさに新幹線開業に向けて建設ラッシュです。今回はそんな金沢のマンションを特集記事として書いていきます。


まずは建設中・最近竣工のマンション2棟から紹介します。


photo:01


■プレミスト金沢
階数:地上12階
戸数:62戸
着工:2012?
竣工:2013.3
◎大和ハウス工業
金沢駅東に建設された分譲マンションでリーマンショック初の本格的分譲マンション。駅前の好立地という事もあり、最高倍率は2倍と大好評だった。

建設工事はこちらから!(http://s.ameblo.jp/kanamachi21/entry-11336115536.html?)



photo:02


■プレミア金沢駅前
階数:地上12階
戸数:44戸
着工:2011?
竣工:2012.10
◎APAマンション
分譲マンション







現在、着工・着工予定のマンションを紹介します。



■ファーストレーベン高岡町
階数:地上8階
戸数:不明
着工:2012年夏
竣工:2013年
◎ファーストモータース
ファーストレーベン高岡町は北陸屈指のオフィス街、南町・高岡町のメインストリートの裏側に位置する賃貸マンション。





■ファーストレーベン近江町
階数:地上8階
戸数:不明
着工:2012年
竣工:2013年
ファーストレーベン近江町は近江町市場に近い場所で建設中。賃貸マンション。



photo:03


■ル・キューブ金沢
階数:地上10階地下1階
戸数:未定
着工:2012.11
竣工:2014年春(予定)
◎賃貸マンション
(概要は以前当ブログで特集しました。詳しくはこちら
)
ちなみに建設工事の模様はタカジさんのかなざわつぶやきLOGへ! →こちらから







そして、計画中のマンションは

武蔵ヶ辻の旅館大森跡地(現在コインパーキング)

片町近くの中央通町(APAマンション)
77戸(建築看板設置済みだそうです)

のマンション建設も予定されてます。





さらに、2016年にかけてタカラレーベンが金沢へ新規参入し金沢駅周辺で分譲マンションを建設することを計画中です。






上が今までの分かってた情報です。

続き(最新情報)はまた明日紹介します。


iPhoneからの投稿
  1. 2012/12/08(土) 17:30:21|
  2. まち開発ニュース
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:10

金沢中心部でマンション着工!


ひらめき電球金沢市中心部でマンションが建設中です。


■金沢駅前
プレミア金沢駅前
photo:01


APAです。
地上12F建て44戸
2012年10月竣工予定

■金沢駅前
プレミスト金沢
photo:03


ダイワハウスです。
地上13F建て62戸
2013年1月竣工予定
最新のエコ設備を備えたマンションになる模様。


■東金沢駅前
プレミア東金沢
photo:02


APAです。
地上14F建て65戸
2012年3月竣工予定


ひらめき電球計画中のマンションもあります。
■片町
APAマンション
■尾張町
■彦三町
■武蔵町
旅館大森跡


ひらめき電球いろいろ計画中も含めてマンション建設は活発にはなってきてますが、北陸新幹線を4年後に控え、まだまだ少ないと思います。

ひらめき電球お隣の富山では、1棟で100戸を超えるマンションも建設されてますし、金沢駅周辺もまだまだ空き地が多いので、更にビル建設が活発になって街が元気になればいいですね。

iPhoneからの投稿
  1. 2011/11/10(木) 19:33:04|
  2. まち開発ニュース
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。